森田 志保

【もりた しほ】

バイレ。

幼少期よりクラシックバレエ等を学び、大学時代にフラメンコと出会う。
その後、碇山 奈奈に師事しエランヴィタールの一員として各公演に参加。

1994年、日本フラメンコ協会主催の第三回新人公演にて奨励賞を受賞。

1997年には吉祥寺にスタジオトルニージョを設立。自身の活動と並行して後進の指導にもあたる。生徒の中からは多くの実力者を輩出、新人公演やスペイン舞踊振興マルワ財団のコンクールでの受賞者も多い。さらに実力ある新たな指導者を数多く輩出するなど、その指導力には定評をもつ。


自身の舞踊活動としては、劇場、タブラオでのフラメンコ公演をはじめ、コンテンポラリーダンスユニット「flowers」に参加するなど、他ジャンルの人たちとのコラボレーション等も積極的に行う。

中でも、同マルワ財団の創作活動助成対象作品に選ばれた「はな」シリーズは代表的な作品のひとつで、これまでに6回の公演を行ってきた。「はな5」は『International Press』に“新しいフラメンコの誕生”と賞賛され、「はな6」は文化庁の平成21年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。多方面から注目され、高い評価を得ている。

スペインの文化であるフラメンコを日本人の踊り手として昇華し、その活動を通じて独自の世界観を表現するべく、現在もさらに新たな作品を発表し続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です