ナオミ ピアッツァ

【なおみ ぴあっつぁ】

バイレ。

1974年11月30日生まれ。大阪出身。

5歳からクラシックバレエを学ぶ。

16歳の時、フラメンコに出会い、すぐに才覚を現し、17歳から 神戸のフラメンコライブハウス、タブラオ他様々な舞台に出演。

1992年、18歳の時、1年間スペインに渡り、マドリッド、セビージャにて、ローリ フローレス、ミラグロス メンヒバル、ラウール マティネス、アンヘル トーレス、アンドレス マリン、アドリアン ガリア、メルチェ エスメラルダ、ドミンゴ オルテガに師事。

帰国後はプロとして、さらにイベント、タブラオ、舞台公演などで活躍し、その間にも渡西を重ねる。彼女のフラメンコに対する情熱は留まることなく、毎回の公演では、新作を発表し、進化続けるバイラオーラである。日本人という枠を超え、ラテンの血を感じさせるダイナミック、且繊細なその踊りは、フラメンコファンのみならず、全ての観客を魅了し続けている。


■1996年
日本フラメンコ協会主催 第5回「新人公演」で最高賞である奨励賞受賞。

■1999年
初リサイタル「NAOMI PIAZZA FLAMENCO CONCIERT ’99」を開催し、待望していたファンにより、即日完売の快挙。

■2000年
東仲一矩振付け、藤田修平演出の「アウセンシア」に出演。

■2001年
「La Noche Flamenca(ラ ノチェ・フラメンカ)」
フラメンコライブを神戸SATOMで開催。

■2002年
リサイタル「NAOMI PIAZZA FLAMENCO CONCIERTO ’02 “ENBRUJO”」を大阪、神戸で開催。
洋舞フェスティバルにて「矢咫烏(やたがらす)」にナオミ ピアッツァ舞踊団をひきいて主演。
東京にて行われたプリメラギター社主催「フラメンコのニューウェーヴ」に出演。

ナオミ ピアッツァ主宰のフラメンコライブハウス「Tablao LA FOGATA(タブラオ ラ フォガタ)」をオープンし、毎月1回ライブを開催。
毎年1回ピアッツァ主宰のスタジオ発表会で新作を発表。

■2003年
泉鏡花原作、上甲裕久演出。
「高野聖 考」にナオミ ピアッツァフラメンコ舞踏団率いて主演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です