鈴木 眞澄

【すずき ますみ】

バイレ。

6才よりクラシックバレエを学び、15才でフラメンコに転向。

小松原庸子スペイン舞踊研究所に入所。

表現の豊かさ、ブラッソ(手首・指の動き)の美しさには定評がある。

スペイン風サロン「Patio Mayor」京都東山にプロデュース。

NHKテレビにて「フラメンコ エクササイズ」連続出演など、多方面にわたり活動の場を広げている。

日本フラメンコ協会理事。


■1976年
初渡西。 マドリッドにてパコ フェルナンデス、ビクトリア エウヘニア他に師事。
帰国後、小松原舞踊団ソリストとして活躍。

■1978年
東京新聞主催 第1回フラメンココンクール入賞。

■1983年
独立してスペイン舞踊教室開設。
フリーの舞踊家として、銀座博品館劇場、池袋サンシャイン劇場他、全国各地の舞台に出演。ミュージカル、クラシックコンサート、古澤厳ヴァイオリンの夕べ等にも客演。

■1993年
独自の舞踊団としての初公演 『フラメンコの夕べ in リリア』を開催し、1,700人もの観客を動員、大成功をおさめる。

■1995年
東京ドームにてセ リーグ巨人戦開幕セレモニー『情熱のフラメンコ』の構成と演出を担当。

■1997年
フラメンコ界初の本格的入門書『フラメンコ入門』を著し、新聞、雑誌等の書評にとりあげられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です