小松原 庸子

【こまつばら ようこ】

バイレ。

東京都出身。

幼少の頃より三味線、日本舞踊、クラシック バレエを習得。15歳より小牧バレエ団の数々の舞台に出演。同時に俳優座に入所し演劇活動も始める。

ピラール ロペスの日本公演を観て激しく感動。単身スペインに渡る。数年に渡る修行の後、ラファエル デ コルドバ舞踊団に入団。世界各国の公演に参加する。

帰国後、本格的にスペイン舞踊研究所を開所しクラシコ エスパニョール、ホタ、フラメンコを教える。

小松原庸子スペイン舞踊団結成。数々の実績が認められ、スペイン政府より”イサベル ラ カトリカ勲章”を日本女性で初めて受勲。

国内のみならず、海外でも輝かしい成功を収め、現在も世界で活躍している。 1961年より開催されているスペインで最も権威あるウニオンのカンテ フェスティバルで開会の辞を述べるプレゴンに選ばれたことも。

■1975年
アントニオ マイレナ特別賞
(偉大な歌手アントニオ・マイレナを称えた最も権威あるフラメンコ コンクール)

■1977年
コルドバ フラメンコ金賞 (コルドバ市)

■1978年
イサベル ラ カトリカ勲章 (スペイン政府)

■1983年
芸術祭舞踊部門大賞「ゴヤ」 (文化庁)
舞踊批評家協会賞「ゴヤ」 (舞踊批評家協会)
照明家協会賞「ゴヤ」 (照明家協会)

■1989年
ジェラルド ブレナン賞
(アンダルシア文化協会、スペイン文化を深く理解し貢献した芸術家に贈られる)

■1992年
第3回現代舞踊協会賞 (社団法人 現代舞踊協会)

■1993年
文化庁最優秀舞台 (文化庁)

■1996年
紫綬褒章 (日本国政府より)

■2004年
旭日小綬章 (日本国政府より)

■2005年
アンダルシア金の記章
(アンダルシア州政府、スペインの芸術に尽力した功績を称え授与された)

■2006年
コンパス デル カンテ特別賞 (Cruz Campo財団、スペイン国)
APDE賞 (スペイン舞踊及びフラメンコ教授協会、スペイン国)
舞踊芸術賞 (東京新聞)

■2009年
イサベル女王勲章 (エンコミエンダ章、スペイン国王陛下)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です