影山 奈緒子

【かげやま なおこ】

バイレ。

1971年、静岡県浜松市出身。
小学校から中学校時代、父親の転勤先のロスアンゼルスでジャズダンスに親しみ、カリフォルニア州のダンスフェスティバル、コンクール等に参加する。津田塾大学在学中は演劇(英語劇)に熱中。

1993年よりフラメンコを始め、佐藤桂子、杉本光代に師事。後に、AMIにも師事。1999年渡西、半年間をセビージャで過ごし、ラ トナ、ハビエル クルス他に師事。
帰国後より森田 志保に師事する傍ら、クルシージョを通じて多数の来日アーティスト(ソラジャ クラビホ、アナ マリア ロペス、ミゲル アンヘル エレディア他)に教えを受ける。


2002年7月、日本フラメンコ協会第11回新人公演にて奨励賞受賞。2003年6月より2005年5月まで、森田志保スタジオ トルニージョにて代教をつとめる。

2004年3月より、都内4箇所で自身の教室をスタート。2004年、2006年、2008年短期渡西、アンヘリータ・バルガス、コンチャ・バルガス、ファラオナ、マティルデ・コラルらに教えを受ける。2005年2月、踊り手の小林泰子と共に初リサイタル『ASI, SOY YO.』を開催。

2008年11月にはスペイン、エストゥレマドゥーラ州カセレスにて行われたフラメンコ・フェスティバルに出演、現地アーティストらと共演。

現在は後進の指導にあたる一方で、都内および全国のタブラオや舞台等にて精力的に舞踊活動を行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です