奥濱 春彦

奥濱 春彦【おくはま はるひこ】

バイレ。

1993年、東京藝術大学在学中サークルを通じてフラメンコに出会う。

1998年、フラメンコ協会主催新人公演にて奨励賞を受賞。1999年、平成11年度文化庁芸術家在外派遣研修員としてスペインのマドリッドへ2年間留学。その後、本場スペインなどで数々の舞台を踏む。

2001年、帰国後に有限会社ジャスペインを設立。HARU Studio(ハル スタジオ)を開講しフラメンコを広げるため今後の主導に力を入れる。

現在も、フラメンコ以外でクラシックバレエを、橋浦勇、鈴木恵美子、江藤勝己、上原まゆみに師事しながらダンサーとしての幅を広げながら今後の指導に力を注いでいる。ハル スタジオ主宰。


■1999年
マドリッドのタブラオ「カサ パタス」に出演。
マドリッドのフラメンコ学校「アモール・デ・ディオス」主催による、『外国人によるもう一つのフラメンコ PART.1 ”DEL ALBA AL AMANECER 暁から夜明けまで”』に加藤美香、谷朝子と出演。

■2000年
アドルフォ マルシジャック劇場(マドリッド)において、アドリアン ガリア舞踊団の一員として出演しソリストを務める。

■2002年
アドリアン ガリア舞踊団の一員として新宿文化センターで行われた『グラン ガラ デ アルテ フラメンコ』公演にてソリストとして出演。

■2003年
「フジ ロックフェスティバル」にアドリアン ガリアと共に出演。
アドリアン ガリアの舞踊団員として東京・名古屋公演に参加。

■2005年
小松原庸子スペイン舞踊団に招聘され公演『GOYA ゴヤー光と影―』、第35回野外フェスティバル『真夏の夜のフラメンコ』、2006年韓国公演『CARMEN』、『素晴らしきフラメンコ 女の平和』、第36回野外フェスティバル『真夏の夜のフラメンコ』に出演する。

■2006年
HARUstudio第一回発表会を新宿エル・フラメンコで開催。

■2007年
新宿エル・フラメンコにおいて「El sexteto Compasivo」を開催し、フラメンコとジャズを融合させた舞台を創作。

■2008年
My little loverの新曲「ラビリンス」のプロモーションビデオに出演。

ハル スタジオ
講師: 奥濱 春彦
03-3353-5855

バイレ教室、貸衣装
office@haru-studio.com

〒160-0004 東京都新宿区四谷3-5 不動産会館ビルB1 詳しい地図
→地下鉄丸の内線「四谷三丁目」駅 3番出口より徒歩約30秒。JR、地下鉄丸の内線、南北線「四谷」駅より徒歩。

ブログ

スポンサー リンク

地図