荻野 リサ

荻野 リサ【おぎの りさ】

バイレ。

1983年東京都生まれ。父はスペイン人で踊り手のホセ ミゲル。6歳よりクラシックバレエを始め、12歳からフラメンコへ転向。

18歳で単身、スペインのマドリッドへフラメンコ留学。クリストバル レジェス、ラ タティ、マヌエル レジェスなどに師事。2002年夏の一時帰国中に行った「RISAフラメンコライブ Vol.1」では、若い彼女の踊りが本能や大地を感じさせ、「ムイ フラメンコ」だと評価される。

その後、再びスペインへ戻り、若きフラメンコ界のカリスマ、ファルキートなどに師事し、1年間の留学を終え、帰国。日本での活動の後、2003年9月再び文化庁海外派遣芸術家として2年間の予定でスペインへ旅立つ。

この2年間のセビージャ留学では、クリステイーナ ヘレン財団フラメンコ芸術学校で、ミラグロス メンヒバル、ラファエル カンパージョ、アデラ カンパージョ、カルメン レデスマなどに師事した後、トロンボやマヌエラ リオス、エバ ラ ジェルバブエナなどに師事。2004年8月26日、パルケ アラミージョでの夏のイベントでソロを踊るチャンスを得る。

2005年8月に帰国。10月には、帰国ライブを新宿のエル フラメンコで行った。現在の主な活動はタブラオ出演、舞台、イベントなど。

■2006年
日本フラメンコ協会主催新人公演にて、努力賞受賞。

■2007年
日本フラメンコ協会主催新人公演にて、奨励賞受賞。

■2008年
花岡陽子フラメンコカンパニー主催の創作舞台『うないおとめ』で主演を演じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です