飯ヶ谷 守康

【いいがや もりやす】

フラメンコ ギター。

東京都出身。

7歳よりクラシックギターを始め、故溝淵 浩五郎、阿部 保夫らに師事。

後に、フラメンコギターの巨匠メルチョール デ マルチェーナのギターに触発されフラメンコに転向。中林 淳真の助言を受け高校卒業と同時に渡西。

セビリャで修行後、マドリードのタブラオ「ビジャ ローサ」でプロデビュー。以後、スペイン各地で演奏。

帰国後は伴奏の傍ら音楽としてのフラメンコを研究し、独自の音の世界を創造している。

1974年のデビューコンサート以後、全国各地での演奏活動を開始。

1986年、札幌に移住、舞踊家の布施紀子と共にフラメンコスタジオ「アカデミア デル ガト」を開設。

(社)日本音楽著作権協会準会員
日本フラメンコ協会特別正会員、北海道理事。


■主な作品
ビクターより『羊飼いの詩』(LP)
日本クラウンより『フラメンコ パシオン』(CD)
㈱パセオより『パコ デ ルシア アルバム』(曲集)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です