相田 繭佳

【あいだ まゆか】

バイレ。

幼少期はフィギュアスケート。16歳よりフラメンコを始める。石内 善子、鈴木 眞澄、加藤 美香に師事。

スペインでは、ラ タティ、花原 千枝美、ホセ ルイス ポンセ、メルセデス ルイスらに師事する。

ヒターノの雰囲気が抜群の踊りを評価されている。

振付師としても活躍。オペラなど多数の作品に関わる。

現在、細川 晶生とともに「スタジオ エル ソニケテ」を東京都日野市にて運営し、自ら率いるグループで活動中。

渡西経験を頻繁に重ねながら踊りをさらに精進するとともに、後進の指導にもあたる。


■1987年
フエゴ フラメンコ グループに参加。東京タワー ナイト コンサート(1991年、1992年)、相模原サンパレス他、各種ディナーショー、タブラオなど多数出演。

■1996年
自身のフラメンコ スタジオ「エル ソニケテ」設立。

■2004年
読売文化センター八王子にて講師を務める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です